This Archive : 2009年12月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

若冲のワンダーランド。

2009.12.13 *Sun
昨日、ミホミュージアムに行ってきました。

大好きな伊藤若冲の展覧会「若冲ワンダーランド」を観るためです。

若冲は今まで関東方面での展覧会ばかりで、行くことが出来なくて、

いつも残念に思っていました。でも今回こんな近場で観れるなんて感動です。

できれば、もっと早く、ていうか何回か行きたかったなあ。

展示品の一部入れ替えが何回かあったみたいで、図版をみてびっくり

これが来てたんだー。見逃した作品が結構あってショック。

それでもさすが若冲、はじめて観る世界を堪能させて頂きました。


img002.jpg


大胆な筆のあいまに、緻密に書き込まれた線。それに加えて、

鶴のくちばしがノコギリ状になっていたり、半月に大きな象の目。

現実にはその動物には無い特徴をかき込むことで、不思議なリアリティーがあるところ。

それが若冲の魅力だと思います。







スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

一花一葉

2009.12.20 *Sun
今、安見工房では小さな花器を作っています。

円盤状の器に、中心からわざとずらして丸や長方形などの
小さめの穴があいていて、画像は器を大小二つ重ねて使っています。

小さな野の花や、庭木のきれいな形の葉を気軽に生けて
もらえるように作りました。ほんとに少しの花でいいんです。

華道の基本に一花一葉というのがあるそうです。
花と葉を、一本ずつだけ使って景色をつくる。とてもシンプルな生け花です。

画像は一果二葉になってしまっていますが・・・
南天、おそらくサツキ、名前がわからないつるくさ、
すべてそこら辺の道ばたで失敬してきたもので、
全部でも手のひらの中で収まるぐらいの草花。
 
よく見ると天板の部分に波紋が入っています。
これは着物柄でよくある、流水にアヤメや秋草の柄をイメージしています。
波間に流れる花や、草を連想しながら、使って頂きたいと思います。
小石などのプラスαの小物も入れると楽しい。


ブログにのせる花器




COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 信楽まいまい日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

プロフィール

MAKI

Author:MAKI
信楽で陶器のデザイン、商品企画をしています。
信楽を中心にまいまい(信楽の方言でうろちょろの意)しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。